日本人エステ / 完全予約制 ※当店は風俗店ではありません。

【Be-majo~ビマージョ~】ブログ

クレジットカード

ブログ詳細

さつきさん本の感想!それでも、陽は昇る

| さつき本感想!

それでも、陽は昇る
真山 仁


前作のロッキードがインパクトありすぎて、地味に感じてしまいますが。
今作は、ノンフィクションを織りまぜたフィクションです。

阪神、淡路大震災、東日本大震災を語り継ぐ活動を行い、被災にとっての本当の復興とは何かを探っていく話です。

「阪神、淡路では、あまりに復興が早かったために、もっとじっくりと考えるべきやったことの多くは不問に付され、やがて封印された。
そして、とりあえず都市としての機能を取り戻した段階で、復興完了となった」

「東日本被災地は、防波堤は続々と完成しているし、嵩上げも進んでいる。
大型ショッピングモールの誘致にも成功して、人の賑わいが戻ってきた」

でも現実は、今もまだ仕事がない人、仮説住宅で暮らしている人。
日常生活を取り戻せていない人がいっぱい。

毎年1月17日、3月11日
1ヶ月前ぐらいからメディアが震災を取り上げて始め、その日を迎えて、それで終わり。

被災後は、聞きたい事、知りたい事がたくさんあるのに、誰に問えばいいかが分からない
助けたいと思っても、知識がない。
そんな人たちに、1番アドバイスできるのは
似たような経験をした人たち、被災者たち。
被災した時のことなんて、何も覚えていない、何もかも夢中だったから。

でも、自分が失敗した事なら話せる。
あるいは、行政が、組織が失敗して酷い目にあったことなら、伝えられる。

「多くの失敗を記録し、語り継ぐことで、同じ過ちを繰り返さない」
最後の、この言葉が胸に突き刺さります。​


さつきさんプロフィール
https://esthe-bemajo.com/profile.php?sid=78
1
ブログ一覧に戻る