ブログ詳細

さつきさん本感想!小説8050

| さつき本感想!

小説8050
林 真理子


壮絶で衝撃的で、目が離せなくなり一気に完読しました。
ちょうど先日
SEKAI NO OWARI のFukaseさんが、中学2年の時に壮絶なイジメにあい、学校に行けなくなった事を告白していましたが、まさに同じような展開です。

主人公の翔太は、親から将来医者を目指すように言われて、私立の中高一貫校に通いましたが、中学2年生の時に「もう学校に行きたくない」と言って引きこもってしまいます。

叱責、懇願、諭し、怒り。
精神科、カウンセリング、都の相談窓口。
色々手を尽くしましたが、7年間引きこもったままでした。

ある日父親と揉めた時に「俺はただ復讐したいんだよ!」と叫びます。
そこから親子の長い戦いが始まります。

中学生の時に受けた酷いイジメの内容を、親は初めて知ります。
周りの誰一人にも相談できずに、傷つき心を閉ざし7年間引きこもり、人生を無駄にしたのに。
加害者は、イジメた事などすっかり忘れて、明るく楽しい未来を生きています。

子育てに関わってこなかった父親が、本気になって息子の為に裁判を起こし戦います。
紆余曲折ありすぎで苦しいですが、最後はスッキリします。

さすが林 真理子さん、色々考えさせられますが、とても読み応えがあるお勧め本です。​


さつきさんプロフィール
https://esthe-bemajo.com/profile.php?sid=78
1
ブログ一覧に戻る